在来会社国内線のメリット

在来会社国内線のメリット

日本国内の航空会社はPeach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCの参入も増えて、
競争が激化している状態です。
そんな中で在来会社はどのような特徴があるのでしょうか?生き残っている強みがあるはずです。
今回は【在来会社国内線のメリット】について迫ります。
 
在来会社の「在来」とは何でしょうか?調べてみると、「これまであったこと」や
「これまで行われていたこと」とあります。
ここでは、在来会社を従来からあった日本航空と全日空をイメージしてお話をします。
 
JALやANAとLCC(格安航空会社)の違いは運賃やサービスです。
LCCは、ローコストキャリアの略称です。
格安航空会社は従来の無料サービスを廃止したり有料化しました。
機内の設備を簡素化したのです。
経営を効率化して正規運賃そのものを低価格にしたわけです。
 
 
  •  航空券の代金やマイルはどこが違うの? 

日本航空と全日空などの在来会社国内線は、LCC(格安航空会社)の方が安いです。
でも、無料サービスがなくなっていたり、荷物についても重量によって課金される方式をとっています。
これまでの快適なフライトサービスに慣れている私達にとって、
同じサービスを求めると思いもしない料金が発生します。
 
このことが案外とストレスになることもあります。
要するにお金をとるかサービスをとるかです。
日本航空と全日空などの在来会社国内線は満足できるサービスを提供してもらえるのがメリットになります。
 
マイレージについても日本航空と全日空などの在来会社国内線はマイレージサービスを実施しています。
マイルが蓄積してきたらツアーや航空券に使えるポイントに交換できたりします。
また、座席をアップグレードしたり、期間限定のグルメ商品と交換できたりするタイプもあります。
Suicaや家電量販店などの提携先へポイントを交換することもできたりします。
 
格安航空会社(LCC)の場合はマイレージがない場合もあります。
一部では独自のマイレージサービスを実施する動きもあります。
ですが日本航空と全日空などの在来会社国内線でイメージしているような商品の交換とか
提携先のポイントへの変更ができるサービスとは、ほど遠いです。
 
 
  •  日本航空と全日空などの在来会社国内線は予約の変更や払戻の自由さも高い 

Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCは、確かに料金は安いですが、
予約変更や払戻をする場合の手数料は高いです。
航空券によっては予約の変更ができなかったり払戻もできなかったりする場合もあります。
最近は日本航空と全日空などの在来会社国内線でも早期割引運賃で対抗しています。
 
その場合は、航空券の種類によっては、予約変更や払戻の条件が厳しくなっています。
同じような条件にすれば、あまり料金差は気にならないかもしれません。
少し高い程度ならば、日本航空と全日空などの在来会社国内線を利用するメリットがでてきます。




  似顔絵

交際クラブ

デートクラブ

沖縄ウィークリーマンション



ウェルカムボード 似顔絵