在来会社国内線のメリット

空港でのチェックインカウンター

2017年06月13日 18時06分

空港でのチェックインカウンターの場所も日本航空と全日空などの在来会社国内線は便利な場所にあります。
 
JALやANAのチェックインカウンターは空港ターミナルのメインにあります。
すぐに分かる場所ですから、まずは迷うこともないでしょう。カウンターの数も充実していて複数あります。
 
格安航空会社(LCC)の場合は、空港のターミナルの端にあったり、別のターミナルだったりします。
カウンターの数も少なかったりして、チェックインの時間も日本航空と全日空などの在来会社国内線と比べると
時間がかかったりしてしまう傾向があります。
 
 
いかがでしたでしょうか?

Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCは、
日本航空と全日空などの在来会社国内線が行っていた無料サービスを廃止したり有料化しました。
機内設備をシンプルにして効率的な経営をしたのです。
果たして、それが万人に受け入れられたのでしょうか?
 
影響があったことは確かですが、運賃的には早期割引で対抗しています。
ですがサービスの質を落とすことはしていません。
やっぱりサービスのクオリティーは少しお金を出しても欲しい人が多いのではないでしょうか?
 
それぞれのライフスタイルや価値観によって日本航空と全日空などの在来会社国内線と
Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCを使い分ければ良いのでしょう。
選択肢が増えたという意味では健全な競争になっていると言えそうです。
 
日本航空と全日空などの在来会社国内線は格安航空会社(LCC)よりは料金は高いですが、
魅力的なサービスが多いです。