在来会社国内線のメリット

在来会社国内線の荷物の重量やサイズ

2017年06月13日 18時05分

日本航空と全日空などの在来会社国内線は荷物の重量やサイズに関しても制限が緩やかです。
 
航空機に乗る場合には、機内に持ち込める荷物の大きさや重さが決まっています。
日本航空と全日空などの在来会社国内線はLCCよりも機内にゆとりがありますから、制限がゆるやかです。
 
また、預ける荷物に関してもJALやANAの場合は制限は設けられていますが、
一般的には無料で預けるのが普通です。
Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCの場合は基本的には「有料」になります。
 
もともとの金額が安くても、少しずつじわじわと金額がとられていくのがLCC(格安航空会社)の特徴です。
それがなんとなく嫌な感じがします。
もちろん最低限のサービスでいいならば問題ないのでしょう。
 
快適で満足度の高いフライトを希望するならば、それを満たしてくれる
日本航空と全日空などの在来会社国内線は大きなメリットを持っていると言えます。