在来会社国内線のメリット

機内サービスの充実度

2017年06月13日 18時05分

機内サービスの充実度は格安航空会社(LCC)と格段に違います。
 
日本航空と全日空などの在来会社国内線はサービスを極限までカットしているのが特徴です。
JALやANAの方が機内サービスの充実度はまったく違います。
食事や飲み物・アメニティ・音楽や映画などの機内エンターテインメントも無料で利用できるのもメリットです。
LCC(格安航空会社)は、やはり見劣りがします。
まったくそんなサービスがなかったり、あっても有料になってしまったりします。
快適なフライトを楽しむならば、やっぱり日本航空と全日空などの在来会社国内線になります。
 
 
機内設備の充実度も日本航空と全日空などの在来会社国内線のほうがワンランク上です。
 
Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCの機種は一般的に小型機です。
コスト削減をするためにボーイング737やエアバスA320といったタイプです。
当然ですが機内の設備も大型機や中型機に比べるとカットされているのです。
 
日本航空と全日空などの在来会社国内線は小型機はもちろん、大型機や中型機も所有しています。
フライトによっては違いますが、LCC(格安航空会社)よりも充実しています。
液晶モニターもそれぞれのシートに設置しています。
細かい充実度はJALやANAの方が快適です。
 
 
 
座席の広さはフライトの快適さ……JALやANAは楽に過ごせます!
 
格安航空会社(LCC)各社の座席は小型機が中心です。
席の配置もできるだけ多くの座席を確保するために高密度になっています。
シートピッチは狭いのが特徴です。体格の大きな人にとっては苦痛なフライトになります。
 
日本航空と全日空などの在来会社国内線は、小型機もありますが、大型機・中型機もあります。
国内線であっても幹線の場合は大型機が導入されています。座席も広めに作られています。
 
JALの場合はクラスJやファーストクラスのアップグレードも可能です。
ANAはプレミアムクラスへのアップグレードの選択ができます。
LCC(格安航空会社)よりも快適に過ごしやすいメリットがあります。